ストレスと腰の痛みの関係について、説明します。 「腰とストレスなんて、関係があるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ストレスが私達の心身に与える影響はとても大きいのです。 腰の痛みについても、同じことがいえます。 ストレスと一口にいっても、悪いことばかりではなく、適度なストレスを課すことによって、良い方向に向かうこともあるそうです。 しかし、過度のストレスをかけてしまうと負担になり、健康に良くないことが起こってしまいます。 腰の場合、常に腰の筋肉を緊張状態にしていると、過度のストレスがかかってしまうでしょう。 また、精神的なストレスによって自律神経が乱れ、血行不良になることにより、腰の痛みを引き起こすということもあるようです。 医師に診てもらい、レントゲンやMRIなどの検査をしてみても、なかなか原因が特定されない腰の痛みがある場合は、このようなストレスによる腰の痛みということも考えられます。 そのような場合は、同じ姿勢を取らないように頻繁に姿勢を変えてみたり、精神的な緊張が続かないように、リフレッシュする時間を作るようにして、きちんと体と心を休めるようにしましょう。